きれいな髪

国産と外国産の違い

みなさんはすっぽんを食べたことはありますか。
まだない、という方ももちろん食べたことがあるという方も、すっぽんがどのような食材か詳しくご存知ないのではないでしょうか。
日本においてはこの食材は高級料理のイメージが非常に強いと思われます。
普段ご利用されるスーパーやショッピングセンターでは、この食材を見かけることは少ないはずです。
取引されている値段は確かにやや高価に感じる値段ですし、料理として提供している店も高級料理店が多いのが実情です。
しかし、近年では気軽にオンラインショッピングでも購入することが出来ます。
家で気軽にすっぽん鍋http://www.pi163.com/nabe.htmlを食せる時代が到来したのです。
でも、気軽に手に入るということは、それだけの生きている動物を確保していることになります。
ではどのような産地のすっぽんが流通しているのでしょうか。

日本におけるすっぽんの流通は、大きく分けて2つです。
それは国産と外国産の2種類です。
国産は養殖がシェアを多く占めており、歯ごたえはありつつジューシーな味わいをしていると評されています。
一方の外国産は、国産のものよりも味が強く、硬さもあると言われています。
外国でも食されていることは多く、古代から中国では非常に大切な滋養強壮の食材として愛されてきました。
あの秦の始皇帝も愛していたという記述もあります。
美容と健康に素晴らしい効果をもたらす食材として、長年世界中で愛されてきました。
出汁を摂れる食材としても知られており、その豊かな味わいはその他の食材にも浸透し、美味しい鍋料理になります

なかなか日頃は食す機会がありませんが、白ワインや日本酒とも合いますし、子どもにもビタミンが摂れる食材として与えたいものです。
貴重とはいえ手に入らないものではないですし、養殖技術が進み外国産ではなく国産でも手に入りやすくなりました。
コラーゲンも豊富なので肌に潤いを与えたい方にもオススメです。
これを機に是非味わってみてはいかがでしょうか。